「ゴミ箱がありません」考  

 ゴミ箱とは、私たちがあちこちにまき散らしてしまうであろうゴミを、箱の中に閉じ込めることによって、清潔で美しい風景を守る、というものです。登山や河原でのキャンプ、大自然の中を散策するという場面です。ここにゴミ箱はありません。ここでゴミを捨ててはいけません。動物や虫たちの場所だからです。ここに人間が入ることを想定していない場所にはゴミ箱はありません。だからゴミは必ず持って帰りましょう!他人の家や私有地にお邪魔したら、基本的にはゴミは持って帰るのがマナーです。こちらの都合でお邪魔しているわけですから。では。駅や公園はどうでしょう。ここにもゴミ箱がありません。人間が集まって、人間が活動することを前提としている場所に、トイレはあるのに、ゴミ箱はありません。なぜでしょう?
 不思議です。私たちは何のために税金を払っているのか、分からなくなります。推察するに。。。。。ゴミ箱を設置すれば、家庭ゴミやら、様々なものを捨ててしまう。ゴミだらけになるからゴミ箱を設置しない。というのがおそらくはホンネでしょう。しかしそれは間違っていると思います。ゴミを家に持って帰るのが善良な市民ではなく、道路や私有地や大自然にゴミを投機しないのが善良な市民です。人が集まる施設にゴミ箱を置いて住みやすくするのは行政の責任です。コンビニのゴミ箱は本当に感謝しています。行政はコンビニに手当を出すべきです。そもそもゴミを出す人間が金を払うというシステムが変です。街はどんどん汚れてしまいます。不法投棄の取り締まりが必要となり、イタチごっこが続きます。
 たまに地域のなんとか祭りというのがあります。ゴミ箱がありません。そういう場合に「ゴミを減らしましょう」と書いてあるのです。それは全く意味不明です。ゴミを減らしたいのであれば、商店や製品を作る側に言うべきでしょう。ゴミになるような包装紙とセットで物を購入するのですから、食べてしまえばゴミになります。ゴミは減りません!正直にこう書いて欲しいのです。「ゴミを片付ける職員がいません、恐れ入りますが自宅に持ち帰って下さい」「このお祭りでは、お金を払ってこの商品を買って下さい。ゴミは持って帰って下さい。」なんとかなりませんでしょうか
スポンサーサイト



Posted on 2012/05/01 Tue. 20:47 [edit]

category: 社会・教育

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/85-0e8ae822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top