『デイビッド がっこうへいく』感想  

(作・絵:デイビッド・シャノン、訳:小川仁央、評論社、2001年)悪さばかりするやんちゃな子。ふざけたり、暴れたり。周囲にも迷惑をかける。席についてじっと話を聞くというのが彼には出来ない。窓の外の風景、ボール遊び、友達とのケンカに夢中になる。かくしていつも先生に叱られてしまう。叱られても気にしない。罰として放課後に掃除をさせられた。しかし彼はうまくこなす。先生はそれを褒めてくれた。通常の授業にうまく乗れないような子は、放課後に居残りさせるとよい。そういう罰はいくら与えてもよい。大変な仕事でも勉強でもいい。そして遊んであげよう。おそらく彼は、思い切って動きたいだけなのだ。
03(04)17.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2019/05/02 Thu. 22:18 [edit]

category:   4) 多様性を包含

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/831-e1ed19cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top