「私が回転寿司に求めているもの」  

 ひさしぶりにかっぱ寿司へ行きました。随分と中身が変わっていました。驚いたのは、もはやくるくる回っていないという点でした。注文すると皿が特急レーンに乗ってやってくる、それが二段組レーンになっていました。システムを変えたようなのです。私は店側の気持ちを推察します。くるくる回しているから廃棄が出てしまう、みな回っている皿をあまり取らない、ということなのでしょうか。皿を数える手間を省いた、出来るだけ機械化して人件費を削ろうとした、ということもあるかもしれません。無駄を出来るだけ排除しようとしているのでしょうか。利益を上げるためには仕方ないのかなとも思いました。その気持ちは推察できます。しかしなんとも調子が悪い。悪口ではありません。回転寿司が好きであるがゆえに思うことなのです。私はこれまで回転すしに何を求めていたのでしょうか。自問自答してみます。
 今回のシステム変更に際して、もう一つ変わった点もありました。それは奥の厨房?が全く見えなくなっていたという点でした。以前はガラスの向こう側に料理人(アルバイト?)が少し見えたのですが、今回は全く見えなくなっていました。私の考えでは、全部見える必要はないにしても少しは見えた方がいいと思うのです。そこからどんどん皿を乗せて、それが次から次へと流れてくる。その光景を楽しんできたのです。今回全く見えなくなったわけですが、店員からすれば客の顔が見えなくなったので、ますます工場で働いているような感覚になるはずです。いわゆるバイトテロのようなものも増えるのではないでしょうか。客からしても、以前ならばそこに誰か人間がいて一生懸命にやってくれていると思いながら食べていたのです。忙しそうだなとか、そんなふうにも思う。
 全てを注文方式に変えたことで、お皿の枚数を数える必要がなくなったわけです。その分、店員さんの仕事は減ります。トラブルも減ります。それはよく分かるのですが、結局は誰ともかかわらなくなってしまいます。以前であれば食べ終わった際に、店員さんが皿を数えやすいように10枚単位で揃えたり、通路側に全部並べたりしていました。そういう気持ちが無くなっていくでしょう。以前であれば小さい子どもと店員さんのちょっとした会話のようなものがあったのですが、全く無くなったことになります。
 私はいつも回転すしへ行くと、流れているものからとることが多いのです。メニューが多いので、注文して取り寄せることもありますが、まずは流れている皿を取りたい。誰も取らない崩れた皿を取ることもありましたが、自分の意思で取るというところを楽しんでいたと思う。店側の気持ちとしては同じ皿をいつまでも長時間流すことはできないし、平日のガラガラの時間帯には何も流せないし、崩れたりするのをチェックするのも大変、ということでしょう。しかしそれでも流して欲しい。そして「食べたい」と思ったらすぐに取って食べたい。それが正直な心境だと思うのですが、いかがでしょうか。回らなくなったので、全て注文になりました。なんだか楽しみが半分減ったような、食欲が減ったような(むしろ良いことか?)、そんな気持ちです。私たちは日曜日の夕方に行くので当然客も多い。そうすると注文してから到着まで少し待つことになります。それがなんともテンションが下がります。ただただ壁から寿司が出てくるのを待つという感覚でした。
 以前はレーンの反対側の座席や隣の座席が少し見えていたのに、きれいに仕切られてしまった。BOXの中で座っているのですが、なんとも無機質で、冷たい空間です。レーンに寿司が流れていればそれをぼーっと眺めているわけですが、それが無くなったので、何をしてよいのか。私はただ綺麗な壁を見ていました。私だけでしょうか。食べているというよりかは食べさせられているというか。人間的な部分を削ってしまっているような、そんな感覚です。特徴のない、きれいでつるんとした広い空間で、ボタンを押すとしばらくたってからその要望通りのものだけが流れてくる。確かに目の前のさらにのった寿司は美味しいのですが、なんだか寂しいというか、悲しいというか。お寿司屋に行ったというよりはむしろ巨大な寿司製造機の前でボタンを押して待っているという心境です。利益を出すための工夫なのでしょうが、なんだか居心地の悪さを感じました。
 逆に言えば私たちはこれまで回転ずしに高いテンションを求めていた、お祭りのようなそんなパワーを求めていた、ということなのです。店員が頑張って作ったものが大量に並んでいて、そこから欲しいものを取る、というその雰囲気全体を楽しんでいたのです。それが何もないつるんとした部屋に自動販売機と自分だけが座っている、という雰囲気になってしまった。今までのシステムで良かったと思うのです。客が少ない時にはレーンを止めても良いし、客が増えた時だけくるくる回して良い。人気ランキング上位10種類だけを回すということでもいいと思う。最悪食品サンプルでもいいので、何かをくるくるやって欲しい。そうでないと楽しめない。最近のニュース等では業績が低迷云々と言われますが、回転寿司は外食業界全体が低迷している中でかなり頑張っていたと思うのです。以前のださださなキャラクターも、BGMも、むしろ好きだったくらいです。なんとか以前に戻して欲しいところです。利益を出すためには仕方ないと言われればそれまでですが。
スポンサーサイト



Posted on 2019/03/11 Mon. 22:16 [edit]

category: 社会・教育

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/827-ecb279f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top