『おうさまのたからもの』感想  

(絵と文:糟谷奈美、至光社、2018年)王様は、美しい箱に入れるものがなくて困る。惰性のような生活になってしまうのだろう。王様は宝物を探しに外へ出る。宝石には興味がない。商店街はキラキラしていたが、そこにはない。王様は森の仲間と出会う。その後、水たまりに閉じ込められていた魚を救い出す。ヘトヘトになった時、初めて王様は本当の宝物を手にする。大切なものというのは、先験的にそこに存在するもの(プレゼント)ではなく、自ら経験して感じるもの(イベント)なのだ。受け取るものではなく、誰かを支えたり、ともに感動したりする時、私たちは本当の大切なものに気づく。
13(04)22.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2019/01/05 Sat. 00:40 [edit]

category:   4) 幸福とは

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/821-f2d7af64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top