『おつきさま こんばんは』感想  

(作:林 明子、福音館書店、1986年)子どもにとっては不思議な存在。自分が移動しても同じ場所に浮かんでいる月。子どもにとって月は、人間の顔だ。うさぎではない。強烈な光はまるでこんばんはと挨拶している姿のよう。雲がやってくれば少し悲しそうな表情に見える。ただし雲によって月が消えてしまうわけではない。悲しいふりをして楽しんでいるだけ。舌を出すのはそのため。おちゃめな月。月は、どっしりとした存在。絵本では、月だけでなく、二匹の猫、月をながめる親子、なども描かれている。この子どもはとても思いやりのある子だと思わせる。
 この絵本の中身はとても単純です。夜になって、家の向こうに月がのぼってきます。「おつきさまだ!」「おつきさま こんばんは」ところが、雲が近づいてきます。「だめ だめ くもさん」「こないて こないで」「おつきさまが ないちゃう」お月様は少し悲しい顔をしています。しばらくすると雲が移動していきます。「ごめん ごめん」「ちょっと おつきさまと」「おはなし してたんだ」「では さようなら」といって雲が去っていきます。最後はお月様がニッコリ笑っているシーンで終わりです。裏表紙では、お月様が舌を出して笑っています。良く見るとページの進行と並行して、二匹の猫(どうやらオスとメス)がじゃれあっている姿も描かれています。最後のページには、この絵本の話者である子どもと、その母親らしき人物も描かれています。満月の夜の、青い空と、月の光の微妙な色合いも、よく描かれています。
 さて、子どもにとってお月様とはとても不思議な存在です。歩いても歩いても、月がそこに止まってみえるのです。月が追いかけてきているようにも見えます。とても不思議です。車で何時間も移動したのに、依然としてそこに存在するのです。太陽は見ることは出来ませんが、月ならば、しばらく眺めることができます。広い空の、ど真ん中に、ぽっかりと。まんまるです。まるで誰かの顔のようです。幼稚園の子どもは、おじいちゃんが死んだ時に、「じいちゃんは、おつきさまになりました」と言いました。とても遠いところなのですが、確かにそこに「存在する」のです。子どもにとってはそれが月なのです。そんな月が、雲に隠れて、再び登場するというのは、強いインパクトを持っていると思います。日が沈んで、薄暗い中の「あ! おつきさまだ!」という発見。あれ? お月様がいないぞ?しばらくして雲が移動して、光が見える。あ! お月様だ!動いているのは月?ではありません。雲の方です。遠くの雲が、どんどん動いていくのです。「だめ だめ くもさん」「こないて こないで」「おつきさまが ないちゃう」このセリフは、読者である子どもと、月の素直な気持ちが重なり合っています。
 でも、本当は、お月様は雲が前を横切ったくらいでは悲しんでなんかいません。とっても心の広い、大きな大きな存在なのです。「こないで」というセリフは、拒否したり、排除したりしているのではなくて、まるでかくれんぼを楽しんでいるような言葉なのです。だからこそ、何度も読んでもらおうとするのです。この絵本で描かれているのは、遠くにあって、手の届かない存在である月の、強烈な存在感であり、そして、私たちを包み込むような、とても大きな「心」なのです。
スポンサーサイト



Posted on 2012/03/28 Wed. 21:33 [edit]

category:   6) 自然への畏敬

thread: 絵本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/82-4b9347b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top