『へろへろおじさん』感想  

(作:佐々木マキ、福音館書店、2017年)この世界全体がへろへろしている。階段を転んだり、豚に追いかけられたり、帽子がくしゃくしゃになったり。災難の連続だ。しかしおじさんにとっての最大の絶望は、アイスクリームを落としてしまったことだった。アイスクリームには、苦しみや悲しみを癒してくれるパワーがある。アイスは子どもだけの食べ物ではない。おじさんが涙を流して何が悪い。絶望的なおじさんを助けたのは、小さな女の子。子どもがおじさんを助けて何が悪い。幾多の辛さや挫折や修羅場をくぐり抜けた年配者にとって、小さい子どもの優しさはアイスクリームと同じ意味を持つ。
11(04)09.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2018/09/02 Sun. 23:41 [edit]

category:   4) 全てを笑顔に変える

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/809-60b74c65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top