『おなら』感想  

(作・絵:長新太、福音館書店、1983年)身体から不気味な爆音が出るので笑ってしまう。子どもは下ネタが大好き。科学的に考えてみよう。ゾウもおならをする。おならは身体的特徴ともかかわる。食べたものやその時の状態ともかかわる。口から空気が入ること、大腸の中でガスが発生する。それゆえおならになる。食べたら出てくるのは自然であり、健康な証拠だ。肉を食べると臭いが、野菜を食べるとそうでもない。これらは一見すると科学のようだが、半分はギャグのようでもある。科学は、身近な生活や笑いの中に混じっていてこそ重みが伝わる。生活を切り離した科学は空虚だ。さようおなら。
06(05)04.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2018/06/09 Sat. 09:15 [edit]

category:   5) うんち

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/800-d613e2c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top