『真田丸』第40回「幸村」感想  

 一応、この回が、本ドラマの大きな転換点と位置づく回だと思います。とても重要な回でした。…やっぱり、予想が当たってしまいました。それまでの39回の流れからは想像できない展開です。物語として無理があると思いました。以下、私の感想です。
 源次郎はどんな人間だったのか。みんなの世話をしてまわる、細かいところに気がつく、誰とでも相性がよい、現実的で平和主義、そんな姿として描かれてきました。九度山の蟄居生活でも特に不満はなく、問題解決できていました。欲がそんなに無いのです。彼は実に自立した男として描かれています。弱い人間というのは、失敗や間違いを繰り返して、周囲に助けてもらう。そして助けてもらったということに恩を感じて生きていく。プライドにこだわって命を平気で捨てていく。それがダメ人間です。しかし本作での源次郎はそういう人間ではありません。とても立派でした。(現代的な意味で)みんなの世話をしてまわり、あちこちに気を配って、頑張ってきました。ですから、これまでのドラマの流れからすれば、大阪城に向かうはずがない、のです。
 片桐様の言葉も奇妙でした。片桐様が九度山を訪問し、それまでの事情を説明してから、源次郎に大阪城に来て欲しいと言います。これまでの話の流れからすれば、豊臣家と徳川家の間に入って調整をしてほしい。うまくまとめて、いくさにならないようにしてほしい、とお願いするところです。しかしそうはならずに、戦争のリーダーになってくれという。それが不可解でした。豊臣秀頼や淀君が、頼むのなら、まだ分かるのです。あんなにバカにされ、いじめられてきた片桐様が、なお豊臣の勝利のために説得してまわるのか。理解できませんでした。
 源次郎は「お断りします」と答えます。それもそのはず。このドラマでの彼のあり方は、平和主義者なのです。無駄死にはさせない、いかにして戦を避けて生きるか、人々を救うかというのが彼のポリシーだったはず!もう時代は戦乱の世ではない、そういって父親の昌幸に反抗したこともあるのです。彼は長年、豊臣家の世話をしてきたのであって、豊臣家が源次郎を大切にしてきたわけではありません。正直いって、彼が豊臣家に恩義を感じるのは変です。どっちかといえば源次郎は振り回されてきたのです。そういう流れのドラマになっていたのです。徳川家に対する恨みがあるわけでもありません。源次郎のメンタリティから言えば、豊臣秀吉のような一歩的でワガママで独断な人間よりも、徳川家康のように、周囲に気を配りながら、コツコツと地盤を固めてきたような人間の方が、しっくりくる。むしろ家康に共感するくらいあっていいはずなのです。ここで、豊臣家に味方して大阪の陣を迎えるのは、物語の流れからして、とてもおかしい。
 ドラマの中で、源次郎は片桐様の説得では全く動きませんでしたが、きりという女性の説得によって動いたということになります。きりは、なぜ突然あんなことを言いだしたのでしょうか。「私の大好きな源次郎さまになって欲しい」というのは、あまりにも一方的ですし、そのために死ねと言うのも、むちゃくちゃです。当時の身分的な考えからしても、幼馴染というだけで戦国武将を説教するという資格はあるのでしょうか。自分は武士でもないのに、なぜ、あんなに偉そうなのでしょうか。自分にだって出来ないはずなのに、無能だ、役立たずだと言うのです。きりの説教は、とても不快でした。これまでのきりの行動原理からすれば、「男たちって、ばかね」「死んだら意味ないでしょ」と言って笑って済ますはずです。これまでも、戦って死んでいく男を見て「かっこいい」等とは言わなかったはずです。これまでのきりであれば、九度山ライフを充実させるべきだ、というふうになっていくはずです。それが、あの上から目線での説教…まるで別人でした。
 私には、彼女の説教がこう聞こえました。

「このままではテレビとしてつまんない。」
「今こそ立ち上がって、このドラマを面白くするべきでしょ!」
「あなたみたいな平和主義で、視聴者が納得すると思うの?」
「私たち視聴者を満足させるような立派な武将になるべきでしょ!」
「あなた! それでも主人公なの?」

 きりの説得で、源次郎の心が動くというのが、とても奇妙です。もう、納得できません。(納得できる論理を見つけることが出来ません)「自分を必要としているのだから、その運命に従う」というのは、今ここで言っても、全く心には響きません。これまで彼は運命に流されるのではなく、様々な試行錯誤で人々を支えてきたのです。自分で運命を切り拓いてきたような男なのです。
 今回のドラマで、源次郎の行動原理がひっくり返るようなことは、全く無かったはずなのです。しかし次回からはどんどん変わっていきます。真田家の名誉のため、豊臣家の恩義に報いるため、あのにっくき徳川に復讐するため、正々堂々と無駄死をする。そんな幸村へと変貌していくのでしょう。
 大河ドラマですから、冬の陣、夏の陣という最後のシーンに合わせて、そちらへ向かうように物語を作るべきです。史実がそこにあるわけですから、史実をリアルに感じさせるように人間の姿を描いていくべきだと思うのです。それが大河ドラマの大切なところです。今回は、面白いドラマにすることを優先しすぎて、後半との接続に失敗してしまった。というのが私の感想です。
スポンサーサイト



Posted on 2016/10/10 Mon. 21:46 [edit]

category: テレビドラマ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/743-31aac578
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top