『ガイコツさん』感想  

(作・絵:五味太郎、文化出版局、1982年)ガイコツさんが就寝前ふと思う。何かを忘れている。外に出たら思い出すかな?本書は夜か、昼か。洗濯、電話、手紙、病院、床屋。ガイコツはあれこれするが思い出せない。トイレに入り、鏡を見る。あ、そうだ。歯磨きを忘れていたのだ。ガイコツは歯を磨いて静かに眠る。おそらくガイコツは、死んでいる。人は死ぬ前に、思い残すことがないようにあれこれ模索するだろう。人がつい忘れてしまって、後で気になってしまうのは、大きなことではなく、歯磨き等の生活習慣だったりする。死後、歯磨きは不要であるが、人間の意識は生活習慣と深くかかわる。
15(02)11.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2016/08/24 Wed. 21:46 [edit]

category:   2) 死期を感じる時

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/735-dcbe0dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top