『はっぱのおうち』感想  

(作:征矢清、絵:林明子、福音館書店、1989年)女の子が外で遊んでいると雨が降る。草むらの中に隠れる。ここでは葉が屋根となっているから平気だ。カマキリもやってきた。最初は拒否したり、あっちを向くよう求めたりする。コガネムシや蝶などもやってくる。狭いこの空間に多くの客がいると不便だ。しかし女の子は後から来た客を受け入れる。さらに蟻に対しては休んでいくことを勧める。女の子は、当初は緊急避難所という意識だったが、時間がたつにつれて自らの住居という意識に変わったのであろう。大変だと思っている時には他者を受け入れる余地はない。安心だという思いが、人を大きくする。
14(01)07.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2016/07/02 Sat. 21:52 [edit]

category:   1) ここは私の居場所

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/727-8b5fe59f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top