『へいわってすてきだね』感想  

(詩:安里有生、画:長谷川義史、ブロンズ新社、2014年)平和とは何か。友達や家族が暮らしている。動物や自然の風景が美しい。戦争は多くの人が死ぬ。今後も平和が続くように、等の作者の平和を願う心境が綴られる。私は否定的。平和は大切であるが、これでは今の安定した日常生活のままがいいと言っているようなものである。この観点では、地震や洪水などの天災と戦争とが区別できない。最も難しいのは、安定した幸せな生活を守るために時として戦争が必要だという考え方が説得力を持ってしまう点だ。本書は純粋で素朴な願いが示されるが、真に平和を目指すならば、理性的に考えることが必要ではないか。
09(05)08.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2016/04/30 Sat. 21:44 [edit]

category:   5) 平和への一歩

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/707-d646bde5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top