『うさぎさん てつだって ほしいの』感想  

(作:シャーロット・ゾロトウ、絵:モーリス・センダック、訳:こだまともこ、冨山房、1978年)なんとも味のある絵だ。少女はうさぎさんに相談。母の誕生に何をあげればいい?母は赤色が好きらしい。うさぎは「赤い屋根は」「赤い鳥は」等と様々なアイデアを出す。少女は「それはだめ」とアイデアを却下する。少女は自分でアイデアを出すことはできないが、うさぎが出したアイデアにイエスかノーかを出すことはできる。うさぎはとても寛容だ。最終的にたくさんの果物を籠に入れることにした。…さて本書が示しているのは何か。うさぎとは、おそらく少女の理想の彼氏だ。身体は小さいが、年上の優しさがある。少女が決断するまで丁寧につきあう。
10(02)05.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2016/04/16 Sat. 21:35 [edit]

category:   2) 女の恋心

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/670-b16e4057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top