「お金と利子」考  



経済学者のせんせい、教えて下さい。

素人の疑問です。

日本銀行は、わたしたちの社会の中に、お金を供給するということなのですが、

それはプレゼントではなく、貸しているだけですよね。


民間銀行は、そのお金を人々に、貸しています。

返ってこなければどうなるのですか?

民間銀行ならば、人々に貸した金が返ってこなければ潰れることになりますが、

日本銀行が、民間銀行に貸した金が戻ってこなければ、どうなるのでしょう?

日本銀行が潰れる、ということはあるのですか?

日本銀行に、不良債権ってあるのですか?




素人の疑問です。

もし世界が100人の村だったら。

100人の世界で、合計100万円という金が流通していると仮定しましょう。

この村の住人が銀行から金を借りて、その金で新しい商売を始めます。

すると、利子だけがどんどん増えていって、返せなくなりますよね。

もともと100万円だけが流通しているとしても、利子が増えていって、

銀行に返すべき金額の総額は、100万円を超えてしまうわけです。

もし利子を全て払ってしまって、全てを清算するためには、

結局は人口を減少させるしかない。

「現在の私たちの社会はこういうシステム」

という私の理解は、正しいのでしょうか?



イスラム教では利子をとらないそうなのですが、

それは経済学的にはどうなのでしょうか?








素人の疑問です。

政府や地方公共団体の借金について。

100人の村だとしましょう。

一人100円ずつお金を集めて、

合計10000円にしました、そこで政治や社会福祉や公共事業を行うのですが、

お金が足りません。

公的なことをするためには15000円が必要です。

5000円はどこから持ってくればいいでしょうか?

現在の私たちのシステムでは、人々からお金を借りるということになっていますが、

ここで

お金を作ったらダメですか?

100人の住人が納得しているのであれば、
誰も文句は言わないのではないでしょうか?

私は経済学のシロウトですので、

シロウトにも分かるようなご説明が欲しいです。






今の現状は、
お金が足らないから、人々から借りているのです。

100人の村で、一人100円ずつ集めているのですから10000円しかそこには無いのですが、

15000円の活動をしてしまった、というような状況です。

一人150円ずつ集めるのが当然のプロセスですが、

「お金をよこせ」とは言えないので、

「貸してちょうだい、後で利子つけて返すから」と言っているのです。

この100人の村人は、100円は税金で取られ、50円を政府に貸しているのです。

その結果、利子が付きます。

1年間50円を貸したところ、51円になって返ってきます。

しかしこの51円というのは、

結局は、数年後に、人々から税金として集めなければならない金なのです。

だとすれば、もともと一人150円払えば済んだところ、

1年たつと151円払わなければならなくなります。

なんか損した気分です。

こうしてはどうでしょう。

利子分だけでも、お金を作ってプレゼントしてみてはどうでしょう。




ある人はこう反論するかもしれません。

「お金とは価値のあるものと交換してこそ意味がある。」

「ただでプレゼントするようなことになれば、インフレになる。」


空中から無意味にばらまくことにはあまり意味がないかもしれませんが、

必要な公共事業や医療費に対して紙幣を配布するのですから、

その紙幣は価値あるものとしてその後、流通するはずです。


お金を貯蓄にまわしてしまえば、それは使用されていないお金ということになります。

貯蓄分が増えたところでインフレにはならないと思うのです。


インフレにならない程度の金額を、プレゼントしてみてはどうでしょうか?

ほんの少しくらいインフレになって、誰が困るのでしょうか?




昔、地域振興券というものが配布されましたが、
あれは結局、わたしたちの税金ですよね。

そうではなく、財源のない地域振興券みたいなのは不可能なのでしょうか?

地域通貨というアイデアもあるのですが、
結局それは現金と交換するのであれば、あまり違いはない、のではないでしょうか?




ミヒャエル・エンデやシルビオ・ゲゼルという

多くの人々が、お金の問題点を指摘してきています。

経済学は苦手です。今いろいろと調べている状態です。


上記は、
なんとなく、子どもの頃からいだいている疑問です。
スポンサーサイト



Posted on 2012/02/03 Fri. 06:18 [edit]

category: 社会・教育

thread: 政治・経済・社会問題なんでも - janre: 政治・経済

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/67-ce726c60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top