『ともだちから ともだちへ』感想  

(作:アンソニー・フランス、絵:ティファニー・ビーク、訳:木坂涼、理論社、2003年)クマネズミは朝起きてもぱじゃまのまま。引きこもりだ。そんなある日、クマネズミは、「きみはすてきなともだちです」という内容の手紙をもらう。手紙の送り主は分からない。カヤネズミ、カエル、コウモリ。会いに行くが皆自分ではないという。クマネズミは、送り主を探すことよりも、たくさんの友達と楽しい時間をすごすことの大切さに気づく。おそらく手紙の主はカヤネズミ。クマネズミを外に出すための作戦だったようだ。寂しかったり悲しかったりすると一歩外に出ることは難しい。着替えて準備をして家の外に出るためには、そこに希望が必要だ。
02(05)05.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2016/04/12 Tue. 21:28 [edit]

category:   5) 友達の定義・範囲

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/658-89b99f9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top