『かみさまからのおくりもの』感想  

(作:ひぐちみちこ、こぐま社、1984年)他者からの贈り物であれば「あれはイヤ」「これが欲しい」等といった感情になることもあるだろう。そんな感情で赤ちゃんを受け入れるべきではない。赤ちゃんは神様の贈り物。天使が運んでくる。私たちの世界を超越する地点からやってくる。明るい子であるか、力強い子であるか、神様が決めたことであるから、素直に受け止めることが大切だ。気質のようなものは産まれた時点で決まっている。赤ちゃんが泣くからといって赤ちゃんを責めたり腹を立てたりするべきではない。ありのままを受け入れることは親の責務である。その向こうに人類の幸福がある。
01(01)03.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2016/04/09 Sat. 23:51 [edit]

category:   1)赤ちゃんの誕生

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/651-dd373fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top