『どうする どうする あなのなか』感想  

(作:きむらゆういち、絵:高畠純、福音館書店、2008年)猫2匹が鼠3匹を追いかけ、深い穴の中に全員落ちてしまう。鼠を食べてしまえば二度と出られなくなるから、協力が必要だ。しかしどの手順で出るべきか。鼠が先に出れば鼠はそこから逃げてしまうであろうし、猫が先に出れば、その後鼠を食べてしまう。まるで頭脳パズル。あれこれ思案する間に雨が降る。ぷかぷか浮いて、全員助かってしまう。しかしそれでもなお議論し続けてしまう。私たちは目の前のことに真剣になりすぎると、何のための議論かを忘れてしまう。難問を解くという作業は、知的好奇心を刺激する。議論を止めた時点で食べられてしまうぞ
11(01)08.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2016/03/26 Sat. 21:30 [edit]

category:   1) 失敗を笑おう

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/604-a94bf139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top