『ひっこしだいさくせん』感想  

(作・絵:たしろちさと、ほるぷ出版、2010年)5匹のねずみが引越し。ゴミの山で材料を集めて新居を製作する。機械いじりの得意な「くろ」が土台を考案。皆で力を合わせて屋根や床を作る。力持ちの「ちゃたろう」は腕の見せ所。お洒落好きな「しろ」はお風呂を作る。くいしんぼうの「ぐれ」は食糧貯蔵庫をいっぱいにする。お絵かきが得意な「ちびすけ」は綺麗な部屋を作る。5匹の共同作業で立派な新居の完成だ。全員がアイデアを出し合い、一つの仕事をなしとげる。これこそ集団生活の意味だ。個性も生きてくる。皆で歌を歌うのはなぜか。一人の仕事よりも皆の仕事の方が喜びが増大するためだ。
08(03)10.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2016/03/14 Mon. 21:42 [edit]

category:   3) 個性と役割分担

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/561-001c7794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top