『あめがだーいすき』感想  

(作:そうま こうへい、絵:かとうあやこ、佼成出版社、2006年)雨が好きな理由は、子どもによって違う。泣き虫の女の子は、涙がこぼれてもこれは雨の雫よと言えるからという。そうだ。雨は何かを消し去ってくれる。長靴を履いたり、自慢のコートをきたり、公園にはカタツムリが出てくる。植物にとっては恵の雨だ。前半は雨そのものの良さであるが、後半になると話が大きく変わる。一緒にてるてるぼうずを作ったり、母親が傘を持って迎えにきてくれたりする。外が雨でおっくうになると、人々が肩を寄せ合ったり声をかけあったりする。マイナスをプラスに変える力。いや、マイナスではなくなってしまう。雨は素敵。
06(02)04.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2016/03/14 Mon. 21:40 [edit]

category:   2) 天気と私たち

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/559-99a7dfd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top