『あたなへ5 しあわせ』感想  

(作:レイフ・クリスチャンソン、絵:ディック・ステンベリ、訳:にもんじまさあき、岩崎書店、1995年)本書は問いかける。しあわせとは何か。夏の太陽?降り続いた雨の後の太陽?(相対的な概念)。勝つこと?ベストをつくすこと?(結果よりも過程)。連続的な成功?諦めていたことを成し遂げること?(主観的な概念)。問いかけという形式をとっているがおそらく作者の中には明確な答えがある。それは適切だと思う。幸福とは欲しいものを手に入れ、当初の目標に到達し、人気者や王様になることではない。確かに幸福感は主観的な概念であるが、それがどっしり充実感を帯びてくるのは、他者を支援し、かけがえのない一瞬を他者とともに喜んだ時である。
13(04)11.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2016/03/07 Mon. 21:46 [edit]

category:   4) 幸福とは

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/535-d3d6c9d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top