『サウスポー』感想  

(作:ジュディス・ヴィオースト、絵:はたこうしろう、訳:金原瑞人、文溪堂、2011年)最後のキスで驚いてしまうが、少年と少女はもともと親密なカップルであって、キスは仲直りという程度の意味だ。ケンカの理由は、少年が自分の野球のチームを、男の子だけにしようとしたことだ。少女は左利きのピッチャーとして自信もあるし、野球を続けたい。手紙のやりとりでケンカが続く。少女抜きだとチームは連敗。暗いムードが漂った際には、彼女の明るい笑顔が欲しくなる。仲直りした理由は、少女が野球好きであり、チームもまた彼女を必要としていたからだ。本書は友情の話。相手が嫌いになったり好きになったりするような恋愛の話ではない。
02(04)10.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2016/03/01 Tue. 22:30 [edit]

category:   4) 喧嘩と葛藤

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/516-4275df69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top