『ちゃんとたべなさい』感想  

(作:ケス・グレイ、絵:ニック・シャラット、訳:よしがみきょうた、小峰書店、2002年)一見すると大笑いする楽しい絵本だが、意味していることはとても奥が深い。デイジーが食べない理由と、デイジーが怒っている理由は別である。デイジーが怒っているのは「おまめきらい」という言葉に対して母親が無視しているからである。大人は子どもにいろんなことを伝えようとするが、それは「操作」なのかもしれない。最後までまめは食べない。しかし大切なつながりを得ることができた。デイジーの強さと優しさに、惚れてしまう。




スポンサーサイト



Posted on 2011/10/22 Sat. 22:22 [edit]

category:   3) 母親の迷い

thread: 絵本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/5-d0eec5f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top