『だいすき』感想  

(作・絵:アンドレ・ダーハン訳:角田光代、学研、2007年)猫が金魚に恋をする。猫の片思いが、ああだこうだと際限なく続く。その心境はよく描かれるが、金魚の声は聞こうとしない。まさに究極の自己満足だ。猫は周囲や現実から目を背けているのではないか。どんなに頑張っても想いが通じないと分かった時に、彼はどうなるのだろうか。その先は恐ろしい。金魚を水の中から取り出して殺してしまうかもしれない。恋愛感情は形を変えるなり分散するなりしなければ、永遠に重くなってしまう。それは誰にも処理できない。恋愛感情は大切であることは分かるが、形而上学にとどまるかぎり、真の幸福にはなりえない。
10(05)04.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2016/02/13 Sat. 21:32 [edit]

category:   5) 恋愛とは何か

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/480-62d2bb44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top