『かえしてよ、ぼくのぼうし』感想  

(作・絵:梅田俊作、ポプラ社、2000年)ぼくの頭には丸いはげがあり、男の子3人にからかわれてしまう。祖母が帽子を作ってくれる。それさえも3人は奪ってしまう。先生の前では反省して見せるだけ。悔しい。その姿はとてもリアルだ。はげが出来たのは祖母がぼくを守ってくれたからだ。それを知ったぼくは、ついに3人に立ち向かうことにした。このままでは馬鹿にされっぱなしだ。立ち向かっていくとクラスの仲間も支援してくれた。いじめは悪いことだが、その解決を先生に求め過ぎてはいけない。まずは自分で戦おう。優しさを捨て、後のことは考えずにぶつかっていこう!道は必ず拓ける。
02(04)08.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2016/02/06 Sat. 22:06 [edit]

category:   4) 喧嘩と葛藤

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/469-5f351916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top