『くらやみのかみさま』感想  

(文・絵:長谷川知子、新日本出版社、2002年)山の中にある一軒家。男の子とんちゃんは、コンビニへの買い物を頼まれる。暗闇を一人で歩き、山を下りる。本来私たちは暗闇や恐怖に対する畏敬の念を持っており、それが謙虚さや冷静さをもたらしていた。今や私たちの日常生活から暗闇や恐怖は随分減った。コンビニは常に昼であり夜の街もとても明るい。暗闇の恐怖を感じることも大切だ。本書でとんちゃんは、夜の山道で狸や猫や兎の動物たちと出会う。彼らはとんちゃんに同行してくれる。森の奥にはたくさんの動物たちがいる。彼らは神様かもしれない。私たちは知性や理性により恐怖を乗り越える。
05(04)05.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2016/01/11 Mon. 21:02 [edit]

category:   4) 恐怖心を乗り越える

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/449-474a9b30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top