『だめだめママだめ!』感想  

(作:天野慶、絵:はまのゆか、ほるぷ出版、2011年)ある日、母親が豹変した。食べ物を散らかし、牛乳をパックごと飲んだり、変な洋服を着て、踊ってしまったり、高い塀を登ったり、子どものゲームコーナーで遊んだり、迷子になったり…等。そんな母に注意を促す僕。現実では大人が子どもを注意するが、大抵の場合、子どもはその行動が良いか悪いかということを理解している。ただ子どもは自分で自分がコントロールできないだけである。それゆえ大人が間違った時に、子は厳しい視線を向けてくる。本書では母が子どものように遊ぶ。大人たちは現実の重みや苦しみを感じている。時には子どもに帰りたい。
04(04)02.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2016/01/09 Sat. 21:33 [edit]

category:   4) 大人と子ども

tb: 0   cm: 2

コメント

『だめだめママだめ!』の

作者の天野慶です。
素敵なご紹介ありがとうございます!
はい、ときには帰りたい・・・ですね。

姉妹編『やだやだパパやだ!』できました。
(動画でも公開しています!
https://www.youtube.com/watch?v=EB_CdK0SNLk
こちらも楽しんでいただけましたらうれしいです!

URL | 天野 慶 #9JNxmLfc
2017/02/19 17:27 | edit

コメントありがとうございます。

まさか作者の方とお話が出来るとは思ってもみませんでした。感謝します。姉妹編も拝見させていただきます。今後もよろしくお願いします。ごんたろう。

URL | いもむしごんたろう #-
2017/02/21 22:02 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/445-9feb8087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top