『ロボくんとことり』感想  

(作・絵:やなせたかし、フレーベル館、1999年)砂漠で迷子になった小鳥がロボくんと出会う。小鳥はロボくんの体内の石を除去しロボくんを助ける。ロボくんは動物たちのために砂漠に水を見つける仕事をしていた。小鳥とロボくんはお互い助け合い、支え合いながら生きる道を選ぶ。本書は理想である。幸せな人生を送るためには、自分自身のためではなく、困っている誰かのために努力するとよい。他の人がやらないことを、勇気を持って取り組むことである。義務ではない。意外性をもたらす先駆的かつ卓越的な試みであるからこそ価値があるのだ。ただし頭では理解していてもそれを実行するのは難しい。
13(04)04.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2015/12/30 Wed. 22:23 [edit]

category:   4) 幸福とは

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/436-29aafe22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top