『かばくん』感想  

(作:岸田衿子、絵:中谷千代子、福音館書店、2001年)日曜日の動物園。少年はカバに呼びかける。「おきてくれ ねむいならねむいといってくれ」「きらいならきらいといってくれ」カバは少年の語りに答えないのだが、確かに反応している。少年とカバでは言葉の使い方や時間の感覚が微妙に違う。本書はそれをうまく表現している。子どもたちが大勢やってくる。直接会話をしているわけではないが、そこにはコミュニケーションが成立している。小さな亀はカバの大きさを強調する。カバと亀はどちらもゆったり泳ぐ。亀はキャベツよりも小さい。カバが亀を飲み込んでしまうかもと心配になる。…でも大丈夫だ。
14(04)01.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2015/12/15 Tue. 21:36 [edit]

category:   4) 人間存在の位置

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/399-f89b0770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top