『うそ』感想  

(作:中川ひろたか、絵:ミロコマチコ、金の星社、2014年)少年は身の回りの嘘を探す。母は年齢をごまかした。僕はおねしょをしたのに水をこぼしたと言った。ある子は、自分の父が総理大臣だと嘘をついた。それらは自分を守るための嘘、自分を大きく見せるための嘘である。テレビドラマは人を楽しませる嘘である。人を欺く嘘、相手を喜ばせる嘘もある。神様や鬼については、信じる者は真実だと思うが、信じない者は嘘だと思う。私たちは様々な場面で、様々な目的で嘘をつく。嘘をダメだと否定しても始まらない。むしろ嘘の中にこそ人間の本当の姿を見出すことができる。表紙は笑う犬?上を向く人?それも嘘?
13(01)03.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2015/12/12 Sat. 21:39 [edit]

category:   1) 自己の誇示

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/382-51f7e511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top