『せんせい』感想  

(作:大場牧夫、絵:長 新太、福音館書店、1996年)子どもから見る先生の姿がよく描かれている。幼稚園の先生は馬やお相撲さんになり遊んでくれる。遊びの中では鬼にも狼にもなれる。病気の際は看護婦のようだ。お父さんにも、お母さんにもなれる。実は本当のお母さんでもある!「ぼくたちのクラス」の象徴でもある。先生の魅力とは何か。それは数多くの顔を持ちあわせているということだ。様々な表情や役割を使い分けているところから、子どもは先生を尊敬する。鬼や狼になるその姿を見て、子どもは先生の力強さを感じ、敬意を持つ。子どもは遊びを通して、先生の広い世界観や知性を感じるのである。
03(02)03.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2015/11/25 Wed. 21:15 [edit]

category:   2) 先生の存在

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/325-6615d6d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top