『ともだち』感想  

(作・絵:ヘルメ・ハイネ、訳:いけだかよこ、ほるぷ出版、1996年)牛や豚のいる農場。ネズミ、ブタ、ニワトリの3人は仲良し。三人で自転車に乗る。かくれんぼ。ボートに乗って海賊ごっこ。みんなで食事。みんなで一緒に寝ようとするが…それは難しかった。美しい風景の中で充実した時間が過ぎていく。3人は似た者同士ではなく、バラバラな面が出ることもある。息を合わせることが必要だ。自転車はそれを象徴している。違うからこそ、お互いの失敗もフォローしあえる。2人の場合、相手の言動を全てこちらが引き受け取るため、やや重い。3人の場合はそこにクッションが入る。3人揃って一つの雰囲気が出来上がる。
02(03)03.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2015/11/22 Sun. 17:32 [edit]

category:   3) 遊びの場

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/314-0fdcb3fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top