のこいのこ「運の悪いヒポポタマス」感想  

むかし、ひらけ!ポンキッキ!という幼児向けの番組で放送されたことのある曲です。伊集院光のラジオ番組で紹介されていて、私も知りました。幼児向けとは思えないほどに、悲しい曲です。
  運の悪いヒポポタマス、
  ホントについてないヒポポタマス
  月曜日 めでたく生まれたよ
  火曜日 学校優等生
  水曜日 かわいいお嫁さんもらう
  木曜日 苦しい病気にかかり


ここで間奏です。最初の幸せが、後にぐっと悲しくなります。

  金曜日 だんだん重くなり
  土曜日 あっさり死んじゃって
  日曜日 お墓に埋められた
  運の悪いヒポポタマス、
  ついてないヒポポタマスの一生
  これでおしまーい。これでおしまい。


せっかくメロディが残っているのですから、何か歌詞を増やしてあげても良かったのではないか。そんなふうにも思えます。果たして、ヒポポタマスは、運がわるいのでしょうか?この人生は、不幸なのでしょうか?上記の曲は、以下の原曲があるといわれています。

  マザーグース 『ソロモン・グランディ』
  ソロモン・グランディ。 Solomon Grundy,
  月曜日に 誕生。    Born on a Monday,
  火曜日に 洗礼。    Christened on Tuesday,
  水曜日に 結婚。    Married on Wednesday,
  木曜日に 発病。    Took ill on Thursday,
  金曜日に 危篤。    Worse on Friday,
  土曜日に 死亡。    Died on Saturday,
  日曜日は 埋葬。    Buried on Sunday.
  ソレで おしまい。   This is the end
  ソロモン・グランディ。 Of Solomon Grundy
.

二つを比べてみると、興味深いことが分かります。ソロモン・グランディには、とくに「運の悪い」「悲しい」というイメージはありません。むしろ、長い長い人生を、一週間にたとえるとこうなるよという意味。人生にはハラハラドキドキすることが多く、困ってしまったり、悩んでしまったり、時には自殺しようかと思い悩むこともあります。しかし、どんなに頑張っても、どんなに悩んでも、結局、生まれて、死ぬ。そんなふうに思えば、すこーしだけ、楽になれそうです。私たちは壮大な野望を持ったり、自分のプライドを大切にしたり、許せない相手に暴力を振るったりします。しかし、最後は、死ぬ。おそらくマザーグースはそういう意味で上記の作品を作ったのだと思います。事実だけを単純化して並べてみる。すると、私たちの重みはふっと軽くなる。そういう作品だと思います。
 そこで、ヒポポタマスの曲です。ヒポポタマスの曲は、「ソロモン・グランディ」にプラスアルファの要素を付け加えたものだと言えます。特に前半は、とても幸せな話です。そもそも「めでたく生まれた」という時点で、「たんに生まれた」のではありません。おめでとうと祝福してくれる人がいたということです。学校優等生というのは、素晴らしいことです。学校で勉強しただけではありません。そこで頑張って、他の子たちよりも、優れた成果を出したのです。素晴らしいと評価してくれる人がいたということです。かわいいおよめさんをもらうのも、人生の幸福を殆ど享受していると言えるでしょう。後半になって、病気にかかって、死んでしまうということが描かれます。あれよあれよという間に、テンションが暗くなってしまいます。
 しかしながら、あっさり死んじゃって、というのは、悲しいことでしょうか?死ぬのに何年もかけて苦痛と悲しみの中でゆっくり死ぬよりは、ころりと一瞬で死んだ方が楽なのではないでしょうか?お墓に埋められた、といえば、なんだか悲しいイメージですが、お墓を作ってくれるということは、すなわち、誰かが悲しんでくれているということです。それは、とっても幸せなことです。最後はメロディだけで歌詞がありません。るーるーるーと歌いあげています。この部分は、何を表現しているのでしょうか?残された人々がしばらくの間、ヒポポタマスの死を忘れずにいる。そんな光景だと思います。ソロモン・グランディが、人生をあっさりした事実だけに制限したのに対して、ヒポポタマスは、幸福を追加して、凝縮して、描いているというふうに言えると思います。ここまで考えてみると、やはり不思議なのです。どこが「運のわるい」のでしょうか?おそらく、この曲を作詞した方は、私たちに、様々な問題を投げかけているのだと思います。人生とは何か?幸福とは何か?幸運、不運とは何か?分かりやすい歌詞と印象的なメロディが、私たちの意識に深く入り込みます。私たちに、ヒポポタマスを笑う資格はあるのか?私たちに、ヒポポタマスを「可哀そう」と言う資格はあるのか?(作曲、作詞などのデータ分からず)

スポンサーサイト



Posted on 2013/07/23 Tue. 23:52 [edit]

category: 音楽

thread: 女性アーティスト - janre: 音楽

tb: 0   cm: 3

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2016/06/20 20:46 | edit

この歌を歌っていたのは堀江美都子さんではなく「のこ いのこ」さんですよ。上記URLはラジオ番組ですが、本人が「ヒポポタマス」について語っています。
また、Wikipediaの「のこいのこ」にも代表曲のひとつとして掲載されています。

URL | 通りすがり #-
2019/02/19 08:15 | edit

ありがとうございました。

通りすがりの方、ありがとうございます。何かで勘違いしていたようです。またよろしくお願いします。ごんたろう

URL | いもむしごんたろう #-
2019/03/09 22:08 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/185-b40535a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top