『しろくまちゃんのほっとけーき』感想  

(作:わかやまけん、こぐま社、1972年)前半はおかあさんとしろくま、後半はしろくまとこぐまが登場。ホットケーキといえども作る作業は時間と労力がかかる。それを楽しめるというのはとてもよい。準備に参加していないこぐまが片づけに参加するという点も、とてもよい。片づけを母親の仕事という具合で固定するのは冷たい考え方だ。後半で母親が登場しないのはなぜか?最大2名までしか登場しないのは、人間の子どもが二つのぬいぐるみを持って動かしているからか?
スポンサーサイト



Posted on 2013/04/15 Mon. 00:13 [edit]

category:   4) 共同体の形成

thread: 絵本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/151-01e18f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top