『ともだち』感想  

(作:谷川俊太郎、絵:和田誠、玉川大学出版部、2002年)ともだちとは何か。その定義は難しいが、本書のように様々な場面を挙げていけば、なんとなくその意味は浮かび上がる。子どもの頃はこんなともだちがいっぱいいたが、今の自分にはこんなともだちがいるか。途中からともだちの意味が広がっていくが、そのような使い方を「誤用」とするか「応用」とするかは人によって意見は分かれると思う。
スポンサーサイト



Posted on 2013/04/11 Thu. 00:15 [edit]

category:   5) 友達の定義・範囲

thread: 絵本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeandsoraand.blog.fc2.com/tb.php/150-0077e8a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top