「ガンバの冒険」感想(3)  

ガンバの冒険を考える第三回目です。
3)なぜ旅に出たのか、なぜ冒険を続けるのか
 なぜ彼らはノロイ島へ旅に出たのでしょうか。それぞれの理由は異なります。
 ガンバは、力が有り余っている状態でした。ヨイショとケンカをしたり(1話)、船の中を走り回ったり(2話)、その若さというかパワーといったものが溢れているようでした。忠太に対する優しさというのもありますが、それよりも何よりも、圧倒的な脅威や恐怖に対して自分の力を発揮させたいという気持ちが強いのでしょう。最初は海が見たいというその気持ちを持っていました。ガンバは最初のシーンから夢というか理想というかそういう遠いものを見つめていたのです。以前はパチンコ店の裏に住んでいたと言います。物に溢れていたのですが、狭い場所で面白さに欠けていたのかもしれません。なぜのろい島へ?というイカサマの問いかけに対するガンバの姿が印象的でした。分からない、しっぽが立つんだよ!というシーンです。後ろに綺麗な海が見えます。このシーンは中心がガンバでなく海です。海が呼んでいるという印象さえ受けます。
image[d3]
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



Posted on 2019/11/30 Sat. 22:03 [edit]

category: アニメ・特撮

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top