『とこちゃんのながぐつ』感想  

(作・絵:かとうまふみ、学研、2007年)とこちゃんの家の靴箱。5足の靴がある。晴れの日にはスニーカーを履いて公園のブランコで遊ぶ。デパートでお出かけの時には赤い靴。靴箱に戻ると自慢話だ。長靴は出番がなく、悲しい気持ちになる。雨が降ればいいのにと思う。嫉妬だ。しばらくすると雨が降る。毎日が長靴の日になり、立場が逆転する。長靴が自慢話をして「仕返し」をするか、あるいは皆の気持ちをくみ取るかは、重要な分かれ目である。本書ではより良い関係の構築に向けて一歩踏み出す。その気持ちはとても大切だ。立場が入れ替わるということを踏まえれば、人間関係は豊かになる。
02(04)02.jpg
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



Posted on 2012/09/22 Sat. 21:42 [edit]

category:   4) 喧嘩と葛藤

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top