『やっぱりおおかみ』感想  

(作・絵:ささきまき、福音館書店、1977年)いじめ問題の原因の一つはこういうところにある。全ての人物は、悪気はなく、真面目に生きているからこそ、おおかみを退ける。人々にとっておおかみはたんなる影である。おおかみは決して泣いたり怒ったりするわけではなく、強がり、うっすら笑っているようにも見える。とてもかわいそうに思えてくる。このおおかみの親は(おそらく、もう死んでいるが)この姿を見てとても深く悲しむであろう。物語は悲しいが、これを読む子どもたちが現実世界をハッピーエンドにしてくれると期待したい。
スポンサーサイト



Posted on 2011/10/30 Sun. 21:48 [edit]

category:   4) 多様性を包含

tb: 0   cm: 0

『わたしのせいじゃない』感想  

(作:レイフ・クリスチャンソン、絵:ディック・ステンベリ、訳:にもんじまさあき、岩崎書店、1996年)一人の子が泣いている。周囲の子たち全てが「自分のせいじゃない」と答える。一人ひとりが少しだけ加担すれば、あるいは無視すれば、それが大きな力となって彼を苦しめる。本書は、無関心の恐ろしさを伝えている。一人ひとりが優しさを持てば世界は変わるだろう。本書は「責任」の本質についても問いかける。責任は事後的に個人に課せられるが、現象は集団的に発生する。責任を問うても根本的な解決にはならない。特に後半で描かれる貧困や戦争などは、いっそう明らかだ。誰にも責任がなくても、集団規模で起こってしまう。集団や国家の恐ろしさだ。
-- 続きを読む --

Posted on 2012/01/05 Thu. 22:29 [edit]

category:   4) 多様性を包含

thread: 絵本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『メガネをかけたら』感想  

(作:くすのきしげのり、絵:たるいしまこ、小学館、2012年)顔が劇的に変化する。おそらくその変化が嫌なのである。男の子たちは半分はからかっているかもしれないが、半分は純粋に興味深くて寄っていく。特殊な装置をつけているのがうらやましいのだ。また男の子は女の子に近寄って話しかけたいと思っているから好都合、というのもある。先生の語りかけは、クラスの世界観を引っ張っていこうとする力強いもので、とてもよい。母親が担任に相談し、担任が他の先生に声をかけている場面は絵本では描かれていないが、容易に想像できて、そこもよい。大人たちの優しさも距離感も、とても心地よい。

Posted on 2013/07/23 Tue. 23:56 [edit]

category:   4) 多様性を包含

tb: 0   cm: 0

『教室はまちがうところだ』感想  

(作:蒔田晋治、絵:長谷川知子、子どもの未来社、2004年)学級の雰囲気づくりはとても大切だ。一人が誰かを小馬鹿にすれば全員の雰囲気がマイナスに向かう。勉強が楽しくなるためには、あるいは真の学力を身につけるためには、小さな気づきや仮説や議論がどんどん出てくる実験室のような環境が必要だ。小学生がプライドに固執するのは良くない。この絵本は、緊張して失敗してしまう子どもたちを前に、繰り返し力強く語られる先生の熱いメッセージである。学級というのは先生が理想を語らなければあっという間に崩れてしまう。先生の言葉が、優しく力強く、子どもたちの心に響けば、いじめは起こらない。
image[107

Posted on 2014/10/24 Fri. 22:35 [edit]

category:   4) 多様性を包含

tb: 0   cm: 0

『たかこ』感想  

(作:清水真裕、絵:青山友美、童心社、2011年)平安時代の文化を背負う転入生、たかこ。教室に入ると皆が注目する。たかこは頭がよいが、テストで他の子にまけると悔しがる。他の子から「いつも威張っている」と指摘される。その喋り方を真似して嘲笑される。ついに、大切なものを隠される。とてもリアルな風景だ。このようにしていじめが起こると思われる。本書はそれを乗り越えていく子どもたちの姿が描かれており、とても気持ちいい。最後は美しい風景に感動する。先生は、いじめがダメだと教えようとする。しかし子どもたちが様々な可能性の中で模索し、自ら正しい道を発見することが重要だ。
03(04)05.jpg

Posted on 2015/12/20 Sun. 20:45 [edit]

category:   4) 多様性を包含

tb: 0   cm: 0

『ひとり』感想  

(作:谷川俊太郎、絵:三輪滋、ばるん舎、1982年)大人は勝手なことを言う。友達と遊べ、強くなれ、仲良くなれ。権威ある大人たちの存在感がよく描かれている。子どもの視点に立てば、いじめがあったり、個性が強すぎたりして、うまくいかない。僕はむしろトンボや風や空と友達だ。空想の世界も好きだ。ほっといてほしい。本書に、他の子が牛を眺めているシーンがあるが、それは主人公にとって牛にみえるもの(例えば流行)に、皆の視線が向いているということだろう。こういう子を無理矢理集団生活に組み込むのはかわいそう。しかし彼の良さを認めうる豊かな人間関係を作るのが大人の責務だと思う。
03(04)06.jpg

Posted on 2016/01/08 Fri. 21:50 [edit]

category:   4) 多様性を包含

tb: 0   cm: 0

『みずいろのマフラー』感想  

(作:くすのきしげのり、絵:松成真理子、童心社、2011年)ヨースケはいじめられっ子。ただし子どもたちの間で上下関係を形成することは珍しいことではない。彼らにとってはリーダー、フォロアーの関係なのだ。大人はそれを批判する(批判すべきである)が、そうすると今度は一緒に遊べなくなってしまう。とてもリアルだ。大人の気持ちも子どもの気持ちもよく分かる。この頃のいじめ問題は、遊び方の問題でもある。その後、ヨースケは欠席が続く。子どもたちは反省し、ヨースケとの新しい対等な関係づくりを模索する。後半はとても感動的で、あまりにも美しい。水色のマフラーは、澄んだ青空を象徴している。
03(04)07.jpg

Posted on 2016/02/19 Fri. 21:41 [edit]

category:   4) 多様性を包含

tb: 0   cm: 0

『ちっちゃなサリーはみていたよ』感想  

(作:ジャスティン・ロバーツ、絵:クリスチャン・ロビンソン、訳:中井はるの、岩崎書店、2015)サリーは身長が少し低い。誰も気がつかないことに気づく。捨てられた凧、掃除のおじさんのこと、いじめ、等。クラスの中に悪口や排斥が蔓延している。こういう問題は全体の規範や空気の問題であり、とてもリアルだ。最も心優しい彼女はそんなクラスが嫌。楽しくない。彼女はついに大声をあげることにした。「みんななかよくしよう!」クラス全体に対する問題提起だ。本書で先生は目立っていない。こういう問題提起は、先生から行うべきではない。確かに勇気がいるが、その一歩を踏み込むのは子どもである。先生はそれを力強くサポートしてあげよう。
03(04)08.jpg

Posted on 2016/03/13 Sun. 21:37 [edit]

category:   4) 多様性を包含

tb: 0   cm: 0

『ともだち』感想  

(作・絵:太田大八、講談社、2004年)本書で描かれる友達とは、級友である。主人公の少年は背が低い。クラスには背が高い子、力の強い子、勉強が出来る子、スポーツの得意な子、絵が得意な子、様々である。主人公は、クラス全体のことをよく見ている。あれから20年。トラック運転手や魚屋、青年協力隊等、皆働いている。主人公が皆の現状を把握しているという点が重要だ。友達とは、一定の距離を保ちながらも気になる存在である。お互いを深く理解することは、それほど重要ではない。同じ時代を共有している点が重要。かかわりを持った相手を遠くから見守る優しい眼差しが大切である。
03(04)09.jpg

Posted on 2016/04/12 Tue. 21:29 [edit]

category:   4) 多様性を包含

tb: 0   cm: 0

『おならばんざい』感想  

(作・絵:福田岩緒、ポプラ社、1984年)小学1年生の教室。ようこがおならをする。周囲の子が笑う。担任の先生は、元気な証拠だ、誰だっておならはする、等と声をかけていく。てつおは、ようこに厳しい。かわいくて頭が良いようこをいじめてみたくなる。先生があれこれ話を広げるので子どもたちも反応し、違う方向に盛り上がっていく。最後にはようこも笑っている。おならは、ある種の事故。無視しようとすると、かえって問題は大きくなる。おもいきって取り上げ、広げて、発展させた方がいい。なんだか楽しくなる。爽やかな風だ。おならを受け入れる寛大なクラスに、いじめは起こらない。
03(04)10.jpg

Posted on 2016/04/25 Mon. 21:49 [edit]

category:   4) 多様性を包含

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top