『だいくとおにろく』感想  

(再話:松居直、絵:赤羽末吉、福音館書店、1967年)流れの急な川に鬼が橋をかけてやる。その代わりに大工の目玉をくれという。大工が断ると、ならばおれの名前を当てろという。鬼の目的は何か。不可思議さと残酷さが恐怖となる。目は、真実を見つめるもの、大工たちを指示するもの。鬼は大工をからかっているのか?自慢したいのか?あるいは自分を認めて欲しいのか?あるいは認めて欲しくないのか?目玉を食べたいのか?子どもに目を与えるのか?様々な解釈が可能だ。名前を知っている大工は、後半でわざと名前を間違える。大工は、余裕の心で、鬼をからかう。恐怖に打ち勝つことができたのだ。名作。
05(01)07.jpg
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



Posted on 2011/10/24 Mon. 21:17 [edit]

category:   1) 脅威と戦う

tb: 0   cm: 2

『スイミー 小さなかしこいさかなのはなし』感想  

(作:レオ・レオニ、訳:谷川俊太郎、好学社、1986年)仲間を失い、たった一匹となったスイミーは、失意と孤独の中で新しい世界と出会う。まさにピンチはチャンス。私達は深く落ち込む時、そこで大切なものを得る。そう信じて勇気を出そう。広い世界を知ったスイミーは知恵と勇気を得て、多くの新しい仲間とともに巨大な魚に立ち向かう。子どもは物語をそのまま受け止めるが、大人はこれまでの様々の人生経験を思い出す。小さなスイミーは孤独な自分に見える。クラゲやイソギンチャクは何に見えるだろうか。ちなみに小魚の大群の中で色の違う一匹は右からも左からも見えるので何ら問題ではない。

Posted on 2011/11/01 Tue. 21:32 [edit]

category:   1) 脅威と戦う

thread: 絵本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『かちかちやま』感想  

(絵:赤羽末吉、再話:小澤俊夫、福音館書店、1988年)狸の策略で、じいさまがばあさまを食べてしまう。その様子は一見すると残酷であるが、これは食うか食われるかの命がけの世界での話であり、人間が自然や野生と戦う話である。狸は狸であって人間ではないので、狸に共感する必要はない。本書に道徳教育を求めるべきではない。前半で狸がしっかり残酷なことをしているから、後半における兎の復讐がカッコよく見える。恐怖を乗り越えるヒーロー物語として読もう。ただし敵は手ごわい。兎は正面からぶつかれば負けるかもしれない。狸を欺き、隙をついて相手を殺す。知恵では兎が上だ。まさに必殺仕事人。
-- 続きを読む --

Posted on 2011/11/09 Wed. 21:48 [edit]

category:   1) 脅威と戦う

thread: 絵本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『うまかたやまんば』感想  

(絵:赤羽末吉、再話:おざわとしお、福音館書店、1988年)山姥が追いかけてくるあたりはまるでホラー映画だ。逃げる馬方。やっと助かったと思ったらそこは山姥の小屋だった! しかしここから馬方の復讐が始まる。自分は神様だと山姥をだまし、うまく山姥を導いて殺す。ギャアッという悲鳴がすごい。窮地に立ち、恐怖のどん底。もうだめたと諦めるのではなく、知恵を使って敵の弱点をつく。ドキドキしながらも冷静さを保つ。山姥をからかう余裕もある。これこそ勇気だ。真の勇気とは、パワーで勝利することではなく、自らの恐怖心を克服する力だ。馬方がカッコよくみえる。勇気の大切さは子どもに伝えたい。

Posted on 2012/02/18 Sat. 20:35 [edit]

category:   1) 脅威と戦う

thread: 絵本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『ももたろう』感想  

(作:松居直、絵:赤羽末吉、福音館書店、1965年)鬼とは、強くて乱暴で、私達を簡単に殺してしまう存在。すなわち私達の恐怖心そのものである。鬼は鬼であって人間ではないので、共感は不要。ももたろうは鬼が略奪を続けるから退治に行く。彼は出自に謎がある。彼自身も普通の人間として生活すべきではないと自覚していたのだろう。彼はパワーはあるが知恵に欠ける。それを補うのが三匹の動物だ。人間は怖くて誰も協力できない。彼らは吉備団子によって同盟関係となる。最終的には、正義が暴力に勝つことが示される。まさにヒーロー物語の原点だ。なお、ぼんやりした画風は昔話をよく表現している。

Posted on 2012/12/15 Sat. 23:56 [edit]

category:   1) 脅威と戦う

thread: 絵本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『やまなしもぎ』感想  

(絵:太田大八、再話:平野直、福音館書店、1977年)真に勇敢な人間とは、人の忠告を聞かず、人に親切にせず、自分には能力があると自惚れるような者ではない。自分は最強ではなく、殺されるかもしれないという素直な恐れを抱きつつ、目標を忘れず、冷静さを備えた人間こそが、敵を倒すことができる。ヒーローの条件。とてもスカッとする物語。
05(01)06.jpg

Posted on 2014/06/21 Sat. 20:15 [edit]

category:   1) 脅威と戦う

tb: 0   cm: 0

『三びきのやぎのがらがらどん』感想  

(作:ノルウェーの昔話、絵:マーシャ・ブラウン、訳:瀬田貞二、福音館書店、1965年)小さなやぎが橋を渡る。下には恐ろしいトロルがいた。トロルがやぎを食べようとすると、もっと大きな二匹目が来るので、と言う。トロルにしてみれば小さなやぎを食べている時にもっと大きいやぎが素通りしてしまうのは惜しい。さて、二匹目のやぎが渡る。トロルがたべようとすると大きな三匹目が来るという。トロルは三匹目を狙う。欲が出てしまったのだ。三匹目が来る。しかしやぎは大きく、そして強かった。トロルを谷底へ突き落してしまう。本書では、やぎたちの作戦が重要だ。先に送っておけば安心である。真の危機の中でこそ生きる知恵が働く。
05(01)08.jpg

Posted on 2016/02/09 Tue. 22:49 [edit]

category:   1) 脅威と戦う

tb: 0   cm: 0

『鬼のうで』感想  

(作・絵:赤羽末吉、偕成社、1976年)平安期。女をさらい馬や牛を食べ荒す鬼。その鬼退治に乗り込んだ勇敢な渡辺綱。鬼は巨大な身体で綱を襲い、綱はその腕を切り落とす。再び鬼が腕を奪い返してもとに戻る。なかなか手強い。鬼は女に化けて綱に近づく。綱は、再びそこでバッサリと腕を切り落とす。本書では静寂の後の強烈な迫力が印象的。風が吹いたり、じっくり考えたりするその緊張した時間の後に、がっぱがっぱと鬼が、火を吹きながら現れる。鬼の圧倒的なパワーに対して、綱の繊細な刀裁きが対比的である。両者は知恵を絞り、いわばその知恵比べにおいて勝っている方が勝者である。
05(01)09.jpg

Posted on 2016/03/02 Wed. 21:28 [edit]

category:   1) 脅威と戦う

tb: 0   cm: 0

『やまたのおろち』感想  

(作:羽仁進、絵:赤羽末吉、岩崎書店、2001年)スサノオは天上界においては煙たがれる存在。彼は天上界を追い出され、人間界に降りてくる。そこでやまたのおろちと戦い、村人を助ける。彼には強さに対する執着がある。そんなに強いなら戦ってみようと思う。もはや帰るところもないのだから、興味の赴くまま生きてみようという心境もある。やまたのおろちは巨大な蛇の化け物。不気味でキモチワルイ、死をもたらす野蛮な存在。スサノオは勇敢にたたかい、傷だらけになりながらも、剣と魔術を駆使して勝利する。この勝利は、すなわち人間存在を象徴している。文化、知性、そして人々の命が育まれる。
05(01)10.jpg

Posted on 2016/04/02 Sat. 21:25 [edit]

category:   1) 脅威と戦う

tb: 0   cm: 0

『火の鳥』感想  

(作:斎藤隆介、絵:滝平二郎、岩崎書店、1982年)貧しい農村。秋田の昔話。12才の少女あさは、死んだ母の代わりに妹の世話をしていた。家の仕事もある。火の鳥が現れるとその年は飢饉になるという。今年も現れた。村の百姓たちは火の鳥を恐れている。あさは、かんざしをもって火の鳥を退治しようと決心する。もう自分は子どもではない。自分に出来ることがあるはず。そんな決心だ。あさは大森山に登り、火の鳥に立ち向かう。攻撃をかわしながら、かんざしを鳥の目に刺し、退治する。身体的に敵わなくとも、弱点をうまくつけば勝利できる。それは知恵だ。勇気と知恵が村の精神であることを伝える。
05(01)11.jpg

Posted on 2016/04/12 Tue. 21:31 [edit]

category:   1) 脅威と戦う

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top