『おそらにはてはあるの』感想  

(作:佐治晴夫、絵:井沢洋二、玉川大学出版部、2003年)晴れた夜に星空を眺める。想像を絶するほどに離れている。望遠鏡等で見れば無数の星が煌めいている。無限に広がる宇宙空間に無数の星。ロマンを感じる。・・・いや、まてよ。だったら無限の光がやってくるのでは? なぜ宇宙は暗いのか? 本書はそんな素朴な疑問を掘り下げていく。宇宙空間に「はて」があるというのが本書の結論。しかし再び疑問が出てくる。そのさらに先はどうなっている?空間のはてのその先は、「空間がない」ということになる。それは想像できない。よく考えれば時間にも始めと終わりがある。なんだか怖くなる。夜は眠れない。
07(01)01.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2015/12/01 Tue. 22:43 [edit]

category:   1) 宇宙の仕組み

tb: 0   cm: 0

『宇宙』感想  

(作・絵:加古里子、福音館書店、1978年)蚤は自分の身体の100倍も高く跳ぶ。それを人間に当てはめればすごい高さだ。人間は飛行機を使えば空高く、さらにロケットを使えば宇宙まで到達できる。並べてみればスケールの壮大さに気づく。乗り物や自然等まるで図鑑だ。音の壁や重力の壁についても説明される。本書は読者を旅に誘う。内容の全ては理解できなくても、壮大さやロマンは十分に感じることが出来る。月、惑星、太陽に目を向け、星の進化にも触れる。さらに離れて銀河系、アインシュタインの理論、宇宙の膨張と「果て」についても触れる。「ここが貴方の活躍する所です」は名言だ。
07(01)02.jpg

Posted on 2015/12/01 Tue. 22:44 [edit]

category:   1) 宇宙の仕組み

tb: 0   cm: 0

『天動説の絵本』感想  

(作・絵:安野光雅、福音館書店、1979年)絵本全体から歴史の重みが伝わる。古代の人々は月や星に神秘的なものを感じていた。中世においても神や悪魔といった観念で世界をとらえていた。それが錬金術や航海術の発達により、地球が丸くて太陽の周りをまわっているという仮説に到達する。振り子でも証明可能。しかし人々の意識は古いまま。一部の科学者は弾圧される。人々は科学よりも信念や伝統を重んじたのだ。冒険家が地球の一周を試みる。神様に無事を祈りたくなる。科学が進歩しても、祈る気持ちは残る。最後に地球儀が登場する。私たちは今なお、天動説の思考圏内にいるのかもしれない。
07(01)03.jpg

Posted on 2015/12/01 Tue. 22:45 [edit]

category:   1) 宇宙の仕組み

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top