『しょうぼうじどうしゃじぷた』 感想  

(作:渡辺茂男、絵:山本忠敬、福音館書店、1966年)はしご車、高圧車、救急車の三台は、協力して大きな火災に対応する。ジープを改造した「じぷた」は、小さな火事の時に出動する。なんだか自分がみじめに思えてくる。そんなある日、山小屋で火事だ。燃え広がれば大惨事。じぷたでなければ出来ない大仕事だ。小さな身体という欠点は、状況によっては長所となりうる。「役に立つ」という言葉は、あまり真剣に受け止めるべきではない。どんなに頑張ってもぱっとしない時は、状況が変わるのを静かに待てばいい。いずれ道は開けるだろう。ただし本人の努力は必要。最後の頁では、じぷたを応援したくなる。
スポンサーサイト



Posted on 2011/10/19 Wed. 21:00 [edit]

category:   1) 仕事をする、働く

thread: 絵本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『はたらきもののあひるどん』感想  

(作:マーティン・ワッデル、絵:ヘレン・オクセンバリー、訳:せなあいこ、評論社、1993年)懸命に農作業に取り組むあひる。ご主人様は朝からゴロゴロ。いつも「しっかりやってるか」と命令口調。彼が命令口調なのはなぜか。彼が農場の所有者だからだ。何もしないで利益だけを搾取する存在は奇異に見えてくる。お金を持っている人も、威張っている。あひるは頑張って働く。自然と格闘し、何一つ不平をもらさず、ひたすら懸命に働く姿には頭が下がる。あひるは、倒れてしまう。ついに鶏、羊、牛たちが反乱を起こし、人間を追い払う。まるでマルクスだ。あひるにしてもペンギンにしても人間から見ればユーモラスだが、彼らは真剣に生きている。

Posted on 2011/12/05 Mon. 21:10 [edit]

category:   1) 仕事をする、働く

thread: 絵本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『どうぞのいす』感想  

(作:香山美子、絵:柿本幸造、ひさかたチャイルド/チャイルド本社、1981年)現代社会はお客(消費者)の方が偉くて、生産者はまるで一段下に構えているようである。しかしおそらく本来は、生産者が大量に生み出したものを善意で「どうぞ」といって分け与えるのが本当の姿ではないか。能力があって、大きくて力強い心を備えたうさぎちゃんから、職人、生産者の本当の魅力が読み取れる
-- 続きを読む --

Posted on 2012/08/12 Sun. 14:15 [edit]

category:   1) 仕事をする、働く

thread: 絵本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『ごろりん ごろん ころろろろ』感想  

(作:香山美子、絵:柿本幸造、ひさかたチャイルド/チャイルド本社、1984年)うさぎがまるいテーブルを作る。それをみんなのところへ持っていく。運んでいるとロバやキツネが手伝ってくれる。テーブルを設置するとみんながそこで絵を描いたり、本を読んだりする。ゆったりした雰囲気が実によい。うさぎはすぐさま家に帰り、今度はイスを作る。うさぎはの姿は、力強く頼もしい。自然のものを加工してみんなが使用するものを作る。作ったものは「どうぞ」とプレゼントする。生産者の優しさと誇りを感じる。これこそ本来の仕事である。現代社会の仕事とは、貨幣を所有する人に奉仕して貨幣を受け取ることだが…どうも歪んでいる。
-- 続きを読む --

Posted on 2013/07/06 Sat. 23:40 [edit]

category:   1) 仕事をする、働く

thread: 絵本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『ペレのあたらしいふく』感想  

(作・絵:エルサ・ベスコフ、訳:小野寺百合子、福音館書店、1976年)少年ペレは新しい洋服が欲しい。羊の毛を刈り取る。それを祖母にすいてもらう。もう一人の祖母には糸をつむいでもらう。ペンキ屋のおじさんから染め粉を買う。母には布を織ってもらう。ペレは相手に依頼するたびに、草ぬき、牛の世話、お遣い、赤子の世話等の仕事をこなしていく。洋服づくりのためにペレがマネジメントしているかのようだ。ここには貨幣はない。洋服が出来た時の喜びは格別だ。現代社会の私たちは、一つの仕事をして、お金を稼き、一つの洋服を買う。良質な製品が安価で購入できるのだが、そこには大切なプロセスが抜け落ちている。
08(01)05.jpg

Posted on 2015/12/03 Thu. 22:18 [edit]

category:   1) 仕事をする、働く

tb: 0   cm: 0

『おじさんのブッシュタクシー』感想  

(作・絵:クリスチャン・エパンニャ、訳:さくま ゆみこ、アートン、2007年)西アフリカはセネガル。少年セネは乗り合いタクシーの補助の仕事をする。運転手ディオプは、いつも笑顔。車もよく整備されていて安全運転。それゆえ客も多い。村の祭りに呼ばれたり、洪水にあったり、結婚式で利用されたり、葬式や出産でも利用される。ここでタクシーは、人々の生活の中心である。本書は、建物、風景、服装、宗教、生活習慣などがリアルに描かれる。一見すると日本とは大きく異なってみえるが、根底は同じだ。貧しいからこそ人々がつながっていられる。経済発展を遂げた私たちの便利な社会は、大切なものを失っているように思える。
08(01)06.jpg

Posted on 2015/12/03 Thu. 22:19 [edit]

category:   1) 仕事をする、働く

tb: 0   cm: 0

『アントンせんせい』感想  

(作:西村敏雄、講談社、2013年)動物病院の先生。ニワトリが喉を傷める、トラは腹痛、ワニは顎がはずれてしまった。多くの動物たちが受診する。ヤギは…心の病だ。じっくり話を聞いて解決する。医者とは、様々な病気で困った人々を幸せな方向にむけて後押しする存在。患者からすれば、特別な力を持つ、まさに「先生」。そんな時、今度はアントン先生が倒れてしまう。朝からなにも食べていない。空腹だ。動物たちはみんな集まってアントン先生に料理を作る。それは先生の優しさや偉大さに対する感謝の気持ちがゆえの行為である。現代の医療はここからあまりにも離れてしまっている。
08(01)07.jpg

Posted on 2015/12/03 Thu. 22:20 [edit]

category:   1) 仕事をする、働く

tb: 0   cm: 0

『ぐるんぱのようちえん』感想  

(作:西内ミナミ、絵:堀内誠一、福音館書店、1966年)ひとりぼっちで汚れた小さな象「ぐるんぱ」。他の象たちがぐるんぱを川で洗い、仕事に行かせることにした。ビスケット屋、お皿作り、靴屋、ピアノ工場、自動車工場等で働く。しかし全て巨大サイズだったため、解雇されてしまう。雇い主に悪気はないが、規格外の製品は売れない。涙を流すぐるんぱ。しかし子どもには人気だ。子どもが喜ぶのは、それが規格外の製品だからだ。ぐるんぱは、それら作ったものを使って幼稚園を作ることにした。個性的で芸術的なものを最も必要としているのは、子どもだ。世の中には不要であってもここでは全て価値がある。
08(01)08.jpg

Posted on 2015/12/03 Thu. 22:21 [edit]

category:   1) 仕事をする、働く

tb: 0   cm: 0

『いちにちぶんぼうぐ』感想  

(作:ふくべあきひろ、絵:かわしまななえ、PHP研究所、2010年)文房具の気持ちになってみる。クリップはずっと押さえている。磁石は砂鉄で遊ばれる。巻尺は痛そうだ。ホチキスも痛い。少年はボールペンや鉛筆削り等に共感していく。最後は疲れてしまう。勉強している方がむしろ楽だ。勿論、文房具は人間ではないので、ここまで共感する必要はない。本書はそれをオーバーに表現して笑いをとろうとする。しかし現代社会の労働環境を想起しよう。まるで人間を文房具のように扱う会社もある。自分の目的のために相手を利用する。本書の主人公の少年は、ひたすら文房具の辛い心境に共感する。少年の心は称賛に値する。
08(01)09.jpg

Posted on 2016/03/04 Fri. 21:35 [edit]

category:   1) 仕事をする、働く

tb: 0   cm: 0

『だいふくもち』感想  

(作・絵:田島征三、福音館書店、1977年)怠け者の五作の家の下に大福餅があった。その餅が口をきく。300年、何も食べていないので小豆を持ってこい、という。餅は小豆を取り込んで大きくなり、小さい大福餅をたくさん生んだ。五作はその餅で商売を始める。本書は、何を表現しているのか。大福餅は、会社、資本のようなものを指しているように思う。五作はもっと儲けたいという欲を出し、節度や良識を超えてしまう。社員を酷使すると社員は反発するであろう。大きな屋敷を構え、大金持ちなった後、全てを失う。その空虚感や悲壮感が印象的。最後はあまりにも寂しい。深い味のある挿絵だ。
08(01)10.jpg

Posted on 2016/03/05 Sat. 21:29 [edit]

category:   1) 仕事をする、働く

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お客様

検索フォーム

リンク


▲Page top